病院経営ウェブマガジン“Healthcare Compass (ヘルスケア・コンパス)”

Healthcare Compass (ヘルスケア・コンパス)。病院経営ウェブマガジン。病院経営の中でも急性期病院の経営・運営に携わる人のためのメディアです。

Healthcare Compass (ヘルスケアコンパス)

世界的著名外科医がCEO: Amazon、バークシャー、JPモルガン共同出資した会社 Havenとは

Amazon、バークシャー・ハサウェイ、J.P.モルガンが共同出資したヘルスケア・ジョイントベンチャーの名前が決定しました。

Haven

日本語訳すると、「安息の地、安全な場所、安息所、避難所」という意味です(havenの意味・使い方|英辞郎 on the WEB:アルク)。

このヘルスケア・ジョイントベンチャーHavenは、2018年1月にAmazon、バークシャー・ハサウェイ、J.P.モルガンの3社が、彼らの従業員の医療コスト削減と医療サービス向上の目的に作った非営利組織です。

そして、この会社のCEOに、世界的著名外科医かつ公衆衛生研究者のアトゥール・ガワンデ (Atul Gawande)氏が任命されています。

今回の記事では、CEOに任命されたアトゥール・ガワンデ氏と、Havenが行おうとしている事業についてご紹介します。

f:id:massy535:20190307232014p:plain

 

世界的著名医師 アトゥール・ガワンデとは

 アトゥール・ガワンデ氏の経歴を、Wikipediaからの抜粋で紹介します。

アメリカの外科医、著作家、公衆衛生研究者。ボストンのブリガム・アンド・ウィメンズ病院で一般外科学と内分泌外科学を担当している。ハーバード大学公衆衛生学部の健康政策・管理の教授であり、ハーバード大学医学大学院の外科学教授でもある。公衆衛生研究者としては、アリアドネ研究所の健康システム合同改革センターの部長であり、世界全体で手術死を減らすために活動している非営利団体である、ライフボックスの理事長でもある。医学と公衆衛生についての記事をThe New YorkerとSlate(英語版)にスタッフ・ライターとして寄稿している。Complicationsと Better、The Checklist Manifesto、Being Mortalの著者である。 

(中略)

大統領選挙におけるビル・クリントンの医療政策に関わり、
クリントンの就任期間中は保健福祉省のシニア顧問を務めた。

医師として、公衆衛生研究者として、作家として、そして医療政策の顧問として、桁違いのアウトプットを出しています。

わたしも彼の書いた書籍を今でも読み直しています。以前、病院の品質管理部門(Quality Improment Center)で働いていたときに、「アナタはなぜチェックリストを使わないのか?」という彼の書籍を読みました。これは医療に関わる人なら絶対読むべき、名著中の名著です。


https://amzn.to/2H4w7g0

チェックリストの本以外にも、以下の2冊は本当におすすめです。 


https://amzn.to/2H78Cmk 


https://amzn.to/2H4wlDS

医療業界において、医師からも公衆衛生の研究者と実践者からも支持の厚いアトゥール・ガワンデ氏が、ヘルスケア・ジョイントベンチャーのCEOに指名されたというのはとても期待が持てます。

 

収益の高い企業の行き着く先

Amazon、バークシャー・ハサウェイ、J.P.モルガンと収益の高い企業が、いきなり医療の課題を解決しようとしているように見えますが、前例はいくつかあります。

まずは、Microsoftの創業者とその妻が作った“ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団 (Bill & Melinda Gates Foundation)”。363億ドルの基金を持ち、以下の課題に取り組んでいます(参照:ビル&メリンダ・ゲイツ財団 - Wikipedia)。

  • 途上国の飢餓と貧困の克服
  • ワクチンや医薬品の普及を通じた感染症と家族保健の改善(ポリオ根絶支援が有名)
  • 途上国国民に中等・高等教育の機会を提供

この基金の大部分を支えているのは、ウォーレン・バフェットの寄付です。ウォーレン・バフェットは、今回のHavenに出資しているバークシャー・ハサウェイのCEOです。世界TOP5に入る資産家です。

 

収益の高い企業の創業者が作った有名な団体がもうひとつあります。Facebookの創業者マーク・ザッカーバーグの妻プリシラ・チャンが立ち上げた “チャン・ザッカーバーグ・イニシアチブ(Chan Zuckerberg Initiative)”です。Facebookの株の99%で設立時の価値450億ドルを、生涯に渡って寄付しながら運営している団体です。

チャン・ザッカーバーグ・イニシアチブは、

  • 教育
  • 平等な機会(刑事裁判、住居取得、移民)
  • 科学

の問題に対して、以下の手段を組み合わせて解決に取り組んでいます。

  • パートナーシップと投資
  • テクノロジー
  • ポリシー、法律面の働きかけ

(参照:Our Approach - Chan Zuckerberg Initiative

 

収益の高い企業の創業者もしくはTOPの資金の行き着く先は、社会的な不平等の改善ということが言えるでしょう。
また日本に限ったことではなく、国連機関や政府主導による社会的な不平等の改善には、総予算に対して各案件の割り振りのバランスを考慮する必要があります。その反面、起業家や企業が自身の資金を投入すれば、解決したい課題に対して最短距離でアプローチすることが可能です。

 では、Amazon、バークシャー・ハサウェイ、J.P.モルガンの3社は、Havenを通じて何を実現しようとしているのでしょう?

 

Havenが実現しようとしていること

まずは、改めてHavenの設立の目的を見てみましょう。 Havenのホームページから引用しながら見ていきます。以下、著者拙訳。(参照:https://www.havenhealthcare.com

経緯

Haven was formed by the leaders of Amazon, Berkshire Hathaway, and JPMorgan Chase because they have been frustrated by the quality, service, and high costs that their employees and families have experienced in the U.S. health system. They believe that we can do better, and in taking this step to form this new organization, they have committed to being a part of the solution.

Amazon、バークシャー・ハサウェイ、J.P.モルガンは、彼らの従業員とその家族がアメリカの医療システムから受けている、医療サービスの質とコストに不満がありました。医療サービスの質とコストをもっとより良くできることを信じて、新しい組織を作ることにしました。

CEO アトゥール・ガワンデからのメッセージ

f:id:massy535:20190307233257p:plain

These are our guiding principles:

  • We will be an advocate for the patient and an ally to anyone – clinicians, industry leaders, innovators, policymakers, and others – who makes patient care and costs better.
  • We will create new solutions and work to change systems, technologies, contracts, policy, and whatever else is in the way of better health care.
  • We will be relentless. We will insure our work has high impact and is sustainable. And we are committed to doing this work for the long-term.

以下の原則に従います。

  • 私たち(Haven)は、患者の代弁者でありつつ、患者へのケアとコストをより良いものにしていく人たちへの協力者でもあります。協力者とは、臨床医、業界のリーダー、イノベーター、政策立案者などです。
  • 私たちは、新しい解決策を作り出します。また、社会の仕組みや技術、契約、ポリシー、より良い医療のためであれば何でも、変化を起こす働きかけをします。
  • 私たちは、絶え間なく動き続けます。自分たちの活動は大きなインパクトをもたらし、継続可能であることを保証します。そして、それを長期間コミットします。
どういう手段で、医療を良くするのか?

How is Haven going to improve health care?
We are pursuing a number of common-sense fixes, as well as innovative approaches, to address issues like making primary care easier to access, insurance benefits simpler to understand and easier to use, and prescription drugs more affordable. We are also looking at new ways to use data and technology to make the overall health care system better.

私たちは、多くの常識的な解決策も追求しますが、同時に革新的なアプローチで、プライマリーケアへのアクセスをより簡単にしたり、保険で享受できるものをよりわかりやすくしたり、処方薬を手頃な価格にするなどの課題解決に取り組みます。

Havenは、医師や保険会社に置き換わる存在になるのか?
Is Haven going to replace my existing doctors or insurance company?
We are interested in working with clinicians and insurance companies to improve the overall health care system. We will be an ally of anyone who is working to make health care better for patients.

 私たちが取り組みたいのは、臨床医や保険会社と一緒に医療システム全体を改善することです。患者にとって医療をより良くできる人であればだれでも、協力者になりえます。

Havenが対象としている人はだれか?

Who is Haven going to help?
Our focus is the U.S.-based employees and families from Amazon, Berkshire Hathaway, and JPMorgan Chase. In time, we intend to share our innovations and solutions to help others. 

初めに集中して取り組む対象は、 Amazon、バークシャー・ハサウェイ、J.P.モルガンのアメリカにいる従業員です。いずれは、そこで生み出された新しい手法と解決策をみなさんにシェアして、従業員以外の人も対象にしていきます。

 

まとめると、Havenは、
  • Amazon、バークシャー・ハサウェイ、J.P.モルガンの従業員とその家族の、医療サービスの質とコストをより良くするために作られた非営利組織。
  • 臨床医、業界のリーダー、イノベーター、政策立案者などと協力して、課題の解決に取り組む。
  • 従業員以外の人が、Havenが生み出した手法や解決策を享受できるのは、まだ先の話。

 ということになります。

 

最後に

今回は、CNBCのニュースをきっかけに、 Amazon、バークシャー・ハサウェイ、J.P.モルガンが共同出資したヘルスケア・ジョイントベンチャーHavenと、そのCEOアトゥール・ガワンデ氏について、まとめました。

公衆衛生の視点で見ると、国連機関や政府主導による人々の健康を維持・促進させるやり方と違った方法で、収益の高い企業が健康への新しいアプローチを模索する動きはとても素晴らしいと思います。
世界の富の分配の問題もありつつも、収益を上げてその利潤を長期的に社会に還元する動きは喜ばしいです。医療関係者の働き口が増えるという意味でも、わたしはポジティブに考えています。

加えて、今回のHavenは、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団やチャン・ザッカーバーグ・イニシアチブのように創業者やその家族が自らリーダーシップを取るスタイルではありません。
著名な医師であるアトゥール・ガワンデ氏をCEOに指名して、医療の課題に挑戦しています。この動きも大変好感が持てますし、よいアウトプットへの期待が高まります。

21世紀の医療というのは、こうやって企業も行政も医療機関もお互いが協力して支え合って、人々の健康を良くしていく、と確信しました。

 

 

“Healthcare Compass”では過去に公開した記事をまとめて、メールで配信しています。