病院経営ウェブマガジン“Healthcare Compass (ヘルスケア・コンパス)”

Healthcare Compass (ヘルスケア・コンパス)。病院経営ウェブマガジン。病院経営の中でも急性期病院の経営・運営に携わる人のためのメディアです。

Healthcare Compass (ヘルスケアコンパス)

Apple Pencil 対応 iPadを買って、気持ちよく仕事をしよう!

f:id:massy535:20181210234754j:plain

こんにちは、小迫です。

いつも病院経営ウェブマガジン“Healthcare Compass (ヘルスケア・コンパス)”を読んでいただき、ありがとうございます。

 

「iPad ProとApple Pencil」をこの1年使ってみました。とても便利なので、iPad と Apple Pencilについて紹介していきます。私が使っているのは、iPad Pro 10.5インチ。iPad Proの一世代の前ものです。

2019年3月の発表で、私の使っているiPad Pro 10.5インチは廃盤になり、後継機として、iPad Air が登場しました!

f:id:massy535:20190322171437p:plain
https://amzn.to/2WdXqrF

使い方は、難しくないです。
iPadとApple Pencilを仕事中は常に持ち歩いて、考え事をメモしたり、会議で気になったことを図解したりしています。

メモに使っているアプリは、Good Note 5 です。

GoodNotes 5

GoodNotes 5

  • Time Base Technology Limited
  • 仕事効率化
  • ¥960

海外の大学生YouTuberのiPad Proの使い方動画をたくさんみて、一番使われているのが、Good Note でした。

Good Noteはひとつ購入してしまえば、iPad にも、iPhoneにも、ダウンロードできます。Wifiに繋がっていれば、iPad でとったメモをiPhoneに同期できます。

 

実際の使い方

使い方は以下の要領です。

  1. まずは、なんでもGood Note 5 アプリにApple Pencilでメモ。
  2. 気になったメモは、iPhone から確認。
  3. 資料に起こすときは、パソコンに該当ページをメールで送信。

Twitterでも、こんな使い方をしてる方がいました。

 

同僚も使っています

最近は、iPad + Apple Pencilを同僚に勧めていたら、2人ほど実際に買って使っています。同僚の話を聞いたり実際に使っているのを見る限り、仕事でもプライベートでも、ガンガンiPad + Apple Pencilを使っているようです。

 

個人的なおすすめは、リーズナブルなiPad Air

Apple Pencil が使えるiPad は、大きく4種類。

  • 新しいiPad Pro (11インチ、12.9インチ)
  • iPad Air (10.5 インチ)
  • iPad 第6世代
  • iPad mini

f:id:massy535:20190322171800p:plain

ただ、スペックと値段を考えると、Air か mini を買うことをおすすめします。

Apple Pencilで書くことを中心に考えると、お金を出せるなら、反応速度のよいiPad Proを買うべきです。

Proの方がペンの反応がいいですが、実際使い比べない限りわからないです。また、Airやminiは新しいディスプレイ技術を搭載しているので、iPad第6世代より書き味もよくなっています。絵を描く目的がなく、メモ中心であれば、Air かminiで充分でしょう。

Pro、Air、miniの中でも、私はiPad Airを推します。理由は、Smart Keyboardが装着できること。
iPad Pro 10.5 (現iPad Air) と smartkeyboardのおかげで、 私は家でパソコンを開く回数がぐっと減りました。メールの返信も、ブログの更新も、ほとんどiPad でできます。

Apple Pencilだけでも、体験として素晴らしいですが、Smart Keyboardを手に入れると最強になります。

 

じゃあ、キーボードもペンシルも使えるProは?

このブログを読んでいる方には、スペックもお値段も高すぎるかと。

写真の編集や動画の編集を週1回以上やっている方にはおすすめですが、他人の年1回の結婚式のために、Proを買うのはやりすぎですし、そのときはパソコンを使うことをおすすめします。

仕事で、iPad を使って効率よく仕事をしたい、という方には iPad Airをおすすめします。

 

iPad ひとつで持ち運ぶものが減りました。

いままでは、カバンの中に

  • メモ帳(ノートブック)
  • 筆箱
  • 本(紙)
  • 読みかけの雑誌

をいれ、必要なときは

  • ノートパソコン

も持ち歩いていました。

 

いまでは、

  • iPad Pro
  • Apple Pencil
  • ときに、キーボード

 を持ち歩くだけで、メモ、読書(Kindle)、雑誌(dマガジン)の目的を満たすことができます。さらに、キーボードも持ち歩けば、原稿を書くことさえできてしまいます。

 

さらに、 上記で紹介したGood Noteを使えば、何冊分ものノートをiPad 1つで持ち歩くことができます。

以下の写真は、わたしもプライベート用のノートですが、プライベートだけで3冊のノートを使っています。仕事でも3冊(メモ用、アイデア用、長期のプラン用)使っています。

6冊のノートを一気に持ち運べるのは、メモ好きの私としては最大の魅力です。

f:id:massy535:20181210233944j:plain

 

費用対効果、というか、元が取れるか・・・

というと、確かにあやしいです。

いろいろ揃えていると、5万〜9万円はしてしまいます。ただ、それでも揃える価値があるくらい私の生産性には寄与しています。

無理にとは言いませんが、ガジェットが好きで、荷物をコンパクトにしたい、という方にはとてもオススメです。

 

最後に

今回は、唐突にiPad とApple Pencilについての記事を書いてみました。

 

私はとくにホワイトボードやノートに図解して考えをまとめるのが好きなので、iPadとApple Pencilがフィットしました。さらに、Good Noteを使えば、複数のノートをiPadひとつで持ち歩けるのが魅力です。 

 

“Healthcare Compass”では、記事を投稿したい方を歓迎しています。

ご興味のある方は、以下の問い合わせフォームからご連絡ください。
サービスに関するお問い合わせ

投稿例

 

“Healthcare Compass”では、最新記事をメールでもお知らせしてます。