病院経営/医療経営ブログ“Healthcare Compass (ヘルスケアコンパス)”

Healthcare Compass (ヘルスケアコンパス)。病院経営/医療経営ブログメディア。病院経営/医療経営界隈で気になったことをまとめています。

Healthcare Compass (ヘルスケアコンパス)

もう一度、あの人と仕事がしたくて。

アメリカのドラマシリーズ「SUITS」にハマっています。

f:id:massy535:20180607225501p:plain
参照:キャスト | 海外ドラマ「SUITS/スーツ」

ドラマ「SUITS」は、ニューヨークでクローザーとしてNo.1の弁護士と、天才的な記憶力をもつフリーター(司法試験の替え玉受験常習犯)が手を組む話です。
ドラマの中で、さまざまなビジネスの課題を解決していきます。 youtu.be

このドラマの面白いところは、ニューヨークNo.1弁護士と、天才的な記憶力のフリーターの師弟関係。シリーズの序盤では二人は同じ弁護士事務所で働いてますが、途中から弟子が投資銀行にいったり、投獄されたり、変化の激しい人生を歩む設定です。


ふと、

ドラマを通して思うことがあります。
過去に自分に仕事を教えてくれた人たちと、もう一度仕事をしたいなーということです。
転職したり部署が変わったりすると、新しい組織に染まり、新しいルールに慣れてきます。業務の経験が増えると、新しいスキルが身につき、新しいモノの考え方ができるようにもなります。

そうすると、もう一度、過去に仕事をしたあの案件、今ならもっとうまくできるのに、、、と私は思ってしまいます。
そして、手取り足取り仕事を教えてくれた色んな部署の先輩やマネージャーの方々と、もう一度仕事をして腕試し&恩返しをしたいと考えてしまいます。
※先輩やマネージャーからすると、願い下げかもしれないです。


そういう背景もあって

自分自身が会社を変えても、過去に仕事した人ともう一度仕事をしたいという目的もあって、一般社団法人を運営しています。本来の目的の、5%くらいですが。
所属している組織とは別に、自分自身の所属を持つことでどんな人とも仕事ができるようになります。

実際、一般社団法人は、前職でお世話になった2人の先輩に理事になっていただいています。


先日、

さっそく、チャンスが訪れました。昔お世話になった方と仕事をするというチャンスが。
前職でお世話になった方が束ねている組織で、我が法人の研修事業「第1弾」を実施しました。
www.healthcare-ops.org

実際に一緒に案件をおこなったわけではなく、研修をその組織でおこなっただけなので、「仕事をした」というのはおこがましいです。
ただ、感慨深いものがありました。打ち合わせのメールをするだけでも、結構テンションがあがりました。


自分の成長を支える要素としても

今まで仕事を教えてくれた人たちに、顔向けできないような仕事はしたくないです。
過去に一緒に仕事をした人と再び一緒に仕事をするときに、「お、成長したなっ!」と思ってもらいたいです。
それが、自分自身が仕事を通して成長したいと思う原動力になっている部分もあります。


ドラマを通して

自分の仕事の原動力を、改めて見つめ直すことができました。
それを考えるきっかけを与えてくれたのが、ドラマ「SUITS」です。


よかったら、観てみてください↓

https://amzn.to/2JjFmdN




“Healthcare Compass”では、最新記事をメールでもお知らせしてます。